ANA VISA Suicaカード/貯めたポイントはマイル・Suicaへ移行可能!

外資生保アリコジャパン11万件の個人情報流出か?

少し前に倒産の危機を向かえて話題になったAIGグループの傘下にある外資のアリコジャパンが個人情報を漏洩した可能性があると発表したようです。


クレジット会社から不正利用が多発しているという連絡を受けて調査したところ、漏洩の可能性が発覚したようですが、これは可能性ではなく、もう漏洩したということでしょう。


ニュースによるとかなり詳細な漏洩データの情報がつかめているようですが、漏洩経路は報道されていないようです。


ハッカーなどによる仕業なのか、はたまた社員や関係者が持ち出したものなのか・・・

11万件ともなると不正利用を食い止めるのもそう簡単ではなさそうですね。


ただ、カード保有者または利用者は、毎回、明細をチェックして不正利用に気をつけておけば大丈夫です。

万一、不正利用があったとしても、カード会社に連絡すれば簡単に保証してくれるので、心配いりません。


私も以前、一度に2件ほど不正利用されたことがあり、カード会社に連絡しましたが、その時の手続は本当に簡単なものでした。


−−−以下、引用−−−

 アリコジャパンは23日、クレジットカード決済で契約している顧客のカード番号などが社外に流出している可能性があると発表した。カードを不正利用された被害が相次いでいるとのクレジット会社からの指摘を受け、社内調査して判明した。

 流出した可能性のある契約者数は11万件に達するという。同社では契約者に対し、心当たりのない支払い請求がないか注意するよう呼びかけている。

 流出した可能性があるのは、平成14年7月から20年5月までの期間に直接契約を申し込んだ顧客のうち、クレジットカード決済で保険契約の保険料を支払い、証券番号の下1けたが2または3を含む契約。

 同社には今月14日以降、クレジット会社から不正利用に関する照会が相次ぎ、1000件以上に達した。インターネットなどを通じて、家電製品などの購入に悪用されていたという。

 アリコでは、個人情報危機特別対策本部を立ち上げ、流出した個人情報の特定を進めている。

posted by クレジットカード at 04:08 | クレジットカードの落とし穴