ANA VISA Suicaカード/貯めたポイントはマイル・Suicaへ移行可能!

アミューズ通販11万7000件の情報流出!?

大手芸能事務所「アミューズ」が11万7千件の個人情報流出を確認したと発表したニュースです。


そのうちクレジットカード情報が含まれていたのは3万4千件程度だったようですが、流出した情報の期間が平成17年から今年までと長期にわたるので、どの時点のクレジットカード情報かというのも被害に影響を与えそうです。


ただ、クレジットカードには有効期限があるといっても、自動的に延長されるようなものなので、3年後、4年後の年数を当てはめればカード番号がそのまま使えてしまうことは十分考えられますね。


まだ不正利用の報告が無いようですが、これからどうなるのかは誰にも分かりません。


アミューズでカードを使った記憶がある方は、明細を注意してみておいた方が良いかもしれませんね。

そこまで覚えているかどうかという問題がありますが。

続きを読む
posted by クレジットカード at 10:12 | クレジットカードの落とし穴

カード不正利用に手を染めたレースクイーン

レースクイーンを生業としている女性が他人のカードを不正に利用したとして逮捕されたそうです。


知人のカードを不正入手したということはつまり盗んだということに他ならないと思いますが、クレジットカードが盗まれても使われるまで気づかないケースも多いのでしょうか?


最近は、クレジットカードの利便性が浸透し、簡単にカードが作れることやポイントなど様々な特典が付いてくるので複数のカードを使い分けている人も多いのではないでしょうか?

そういった人は特に普段使わないクレジットカードがなくなっても気づかないかもしれませんね。


クレジットカードは、あまりたくさん作りすぎても弊害がありますので、2〜3枚ぐらいが妥当なのかもしれません。

たくさん保有している人は、これを機に、クレジットカードのたな卸しをしてみるのもいいかもしれませんね。

続きを読む
posted by クレジットカード at 06:34 | クレジットカードの落とし穴

外資生保アリコジャパン11万件の個人情報流出か?

少し前に倒産の危機を向かえて話題になったAIGグループの傘下にある外資のアリコジャパンが個人情報を漏洩した可能性があると発表したようです。


クレジット会社から不正利用が多発しているという連絡を受けて調査したところ、漏洩の可能性が発覚したようですが、これは可能性ではなく、もう漏洩したということでしょう。


ニュースによるとかなり詳細な漏洩データの情報がつかめているようですが、漏洩経路は報道されていないようです。


ハッカーなどによる仕業なのか、はたまた社員や関係者が持ち出したものなのか・・・

11万件ともなると不正利用を食い止めるのもそう簡単ではなさそうですね。


ただ、カード保有者または利用者は、毎回、明細をチェックして不正利用に気をつけておけば大丈夫です。

万一、不正利用があったとしても、カード会社に連絡すれば簡単に保証してくれるので、心配いりません。


私も以前、一度に2件ほど不正利用されたことがあり、カード会社に連絡しましたが、その時の手続は本当に簡単なものでした。

続きを読む
posted by クレジットカード at 04:08 | クレジットカードの落とし穴

計算で他人のカード番号を算出!?「クレジットマスター」初摘発

一つのクレジットカード番号を使って、その番号に特殊な計算を施すことで現存する異なるカード番号を算出する方法が存在するらしく、その方法を「クレジットマスター」と呼ぶそうです。


そして、このクレジットマスターで作成されたクレジットカード番号を利用してオンラインショッピングをするなど、不正利用をするケースが多発していたのだとか。


カード会社も手を焼き、摘発する術も無く泣き寝入り状態だったようですが、ここにきて警察が初の摘発という快挙を成し遂げました。


それにしても、16桁もあるカード番号を計算で割り出すとは凄いもんです。カードの不正利用にもいろんな手口があるものですね。

不正利用された被害者は一体どこで番号が漏れたのか、不思議でしょうがありませんね。

続きを読む
posted by クレジットカード at 10:02 | クレジットカードの落とし穴

ポストから明細盗み、他人のカードで780万円も買い物

ポストから明細を盗み、生年月日を調べるために住民票を取得したり、住所変更するなどしてカードを再発行させて使用するという非常に巧妙な手口の犯行を行っていた犯人が逮捕されたようです。


自宅から大量のカードや印鑑、住民票などが見つかったようで、普通なら組織犯罪とされるようなことを一人で行っていたようなものでしょうか。


それにしても、被害者も何百万も自分の名義で利用されていながら気づかなかったとは管理が杜撰というにもほどがありますね。
やはり明細は随時チェックするべきです。


ところで、いつも思うのですが、こういったマスコミの報道、あまり手口を細かく報道するのはどうかと思います。


事実を正確に伝えることは重要ですが、新たな犯罪者を増やさないためにも詐欺の手口や犯罪の手法などは曖昧な記載に留めるのが得策ではないでしょうか。

不特定多数が閲覧する巨大メディアは特に・・・

続きを読む
posted by クレジットカード at 07:44 | クレジットカードの落とし穴

多額借金の若者急増?クレジットカード分割払いの落とし穴

最近、クレジットカードの普及やカード発行各社の競争によるサービス拡充によって支払い能力を超えたカード利用をする若者が急増しているようです。

高額な商品の分割払いやリボ払いなど、月々の支払(返済)金額が小額で済むことを良いことに営業トークに惑わされて買いすぎる傾向が見られるようなので、身の丈に合ったカードの利用が出来ないリスクに犯されるケースが増えているそうです。

続きを読む
posted by クレジットカード at 07:35 | クレジットカードの落とし穴

海外から流れ込む「生カード」の秘密

信用社会で犯罪の入り込む隙の多い日本には、クレジットカード犯罪も例外ではなく、「生カード」と呼ばれる莫大なカードが東南アジアなどから流れ込んでいるようです。
続きを読む
posted by クレジットカード at 15:34 | クレジットカードの落とし穴

キャッシングとリボ払いの金利は意外な落とし穴

クレジットカードといえば、「ショッピング」と「キャッシング」、そして、ショッピングの支払を繰り延べる「リボ払い」が主な用途(機能)とされることが多いと思います。


現金の代わりにカードで支払えるという機能の延長として、今や「キャッシング」や「リボ払い」が当たり前のように叫ばれ、広告され、世間に認知されたのがその要因でもありますが、実は重要な落とし穴が見過ごされていることが多いようです。

続きを読む
posted by クレジットカード at 15:10 | クレジットカードの落とし穴

海外でのクレジットカード利用は要注意?

最近は、国内でも海外でもクレジットカードを利用する頻度が増え、その便利さから生活には手放せないアイテムになっています。


日常生活でもそうですが、やはり旅行先でもクレジットカードを利用するのは当たり前。


特に、海外旅行などでは、多額の現金を持ち歩く必要がなく、両替などにも煩わされることがないので、クレジットカードは重宝します。

クレジットカードで支払ったお土産などには、破損などの保険が自動付与される場合が多いのもメリットの一つですね。


そんなクレジットカードですが、やはり海外では予期せぬリスクが潜んでいることがあるのです。続きを読む
posted by クレジットカード at 04:59 | クレジットカードの落とし穴

クレジットカードを1枚しか持たないことのリスク

最近は、ひと昔と比べてクレジットカードが利用できるお店が増えて便利になった反面、クレジットカードに頼る生活に傾きつつあるのではないかと感じます。


アメリカでは、数ドル(数百円)の支払ですらクレジットカードやデビットカードを使って支払うのをよく見かけます。


かくいう私も特価で99セントで販売していた牛乳だけを購入するのにクレジットカードで支払ったことがあります。(笑)


そんな便利なクレジットカードですが、あまり一枚に頼りすぎるのも良くありません。


なぜでしょう?

続きを読む
posted by クレジットカード at 15:27 | クレジットカードの落とし穴